理系院修士16卒社会人の戯れ言

月間20万PVブロガー!2016卒社会人のいろいろな戯れ言とか・・

今までの人生で最も衝撃を受けた映画『エスター』

スポンサーリンク

就活の記事ばかり書いてると気が重くなるのでたまには

映画のレビューみたいなものを書いていきたいと思います。

 

その第一弾ですが

 今のところの人生で衝撃すぎて衝撃すぎて

今風の言葉で言うと「ヤバイ」

そんな映画エスターを紹介したいと思います。

 

 

 

エスター [DVD]

エスター [DVD]

 

 

 

よくある殺人鬼ホラーの衝撃とかそういうのではないです。

そういった点ではホラー初心者の方にも十分楽しめるというかホラー嫌いな人に是非見て欲しい。

 

以下wikipediaよりあらすじ

かつて3人目の子供を流産したケイト・コールマンとその夫のジョン。彼らはその苦しみを癒すため、孤児院からエスターという9歳の少女を養子として引き取る。少々変わってはいるが年齢の割にしっかり者であり、すぐに手話を覚えて難聴を患う義妹のマックスとも仲良くなるエスター。だが、やがて彼女は恐ろしい本性を見せる。 

 

あらすじ見ただけでトラウマを思い出す。。。

 

まずパッケージからして不気味なんですよ。

ツタヤで手に取った瞬間思いました。

もうこれは見るしか無いと。

 

早速視聴。

そして可愛いエスター。

あれ、これ本当にホラー??

 

とか思ってると不意打ち喰らいます。

そして、ラストのオチでは、、、

 

映画見た後の数日間は少し人間不信というか、特に幼そうな少女が怖くて怖くて。

しかも現実で起こりえそうな話だからなおさら怖い。

 

若干のネタバレかもしれませんが、

人を見た目で信じちゃ駄目だというのがこの映画の伝えたかったポイントなのかな

 

注意点としては

初々しいカップルや好きな人や家族と見る場合には注意!

少しエッチなシーンあります

 

家族とそういうシーン見る時のあの空気ってほんとなんとも言えないよね。