理系院修士16卒社会人の戯れ言

月間20万PVブロガー!2016卒社会人のいろいろな戯れ言とか・・

理系の就活にTOEIC高得点は必要か?

スポンサーリンク

大学生であれば会話の中で絶対に耳にし、口にするであろう

 

「TOEIC何点くらい?」

自分もめちゃくちゃ聞かれまくりました。

 

そんなTOEIC試験ですが、

大学生の場合は

院試や就活に使う

という理由が最も多いと思います。

 今回は就活に限った話を、自分の就活での経験を踏まえ書いていきます。

理系なので、文系就職の人にはたぶん役に立ちません。

 

f:id:zero_td:20151130041348j:plain

 

これはグーグルで「就活 TOEC」と検索した時の候補。

やはり就活でのtoeicの必要性についてみんな気になるようだ。

もちろん自分も就職活動をしていた時には気にしていました。

 

TOEIC何点くらい?

恥ずかしながら、自分はとても英語が苦手です。

加えて、高3の受験勉強以降真面目に英語に取り組むはずもなく、

単語や文法はほとんど忘れました。

 

それでも大学院進学のために、TOEICは必ず必要なので大学3年の終わりから大学4年の始めあたりに数回受けました。

 

その自身最高の結果はギリギリ600点を超えるくらい。

 

割りと勉強したつもりなのにこの程度です・・

と言っても公式問題集という過去問みたいなやつを解いただけですがww

 

TOEICテスト新公式問題集< Vol.6>

TOEICテスト新公式問題集< Vol.6>

 

 

普段定期テスト前にしかテスト勉強しない自分にとっては日頃から英語学習するというのは大きな一歩でした。

無事に大学院へは進めましたが、高得点とは全然言えない点数です。

 

ずばり理系就活にTOEIC高得点は必要か?

答えはNOだと思います。

とある民間企業での面接では

「ESにTOEIC600点と書いてありますが努力してますね」

と褒められました。

決して小さな会社ではないと思うのですが、理系技術職希望としては良いらしい。

ちなみにその会社の内定は頂きました。

 

また別の会社の集団面接で

「ESにTOEICの点数書いてないけど受けてないのですか?」

という質問をされていた人が居た。

その人は

「受けていません。」

と答えていました。

ちなみに私はこの会社から内定をもらい、そこに就職することに決めました。

そして、先日あった内定者の懇親会に「TOEIC受けてないの?」

と質問されていた方と会いました。

 

つまり、ものすごい高得点は必要ないしTOEIC自体も内定には必要ない。

まぁあるに越したことはないし、800とか900くらいの高得点なら是非それをアピールするべきだと思います。

 

そして、もし低得点(300とか400以下)ならESに書かずに、

「受けていない」と誤魔化すべきだと思います。

デメリットにしかならないから。

その場合は受けていない理由を考えましょう。

 

点数は盛っていい??

辞めましょう。

後になってコピーや原本を求められる場合があります。

その時になって焦ってスコアを嘘ついて内定取り消しになっても文句は言えません。

先ほど話したように内定をとるために最重要かと言われるとそうではないのです。

 

最も重要なのは自分の経験や研究内容をしっかりと生で面接官に伝えられるということ。

TOEICの高得点は社会性・社交性のないガリ勉君でも取れてしまいます。

 

とは言っても

なんかTOEICを否定しているみたいな記事になってる気がしますが、そうではありません。

理系技術職志望なら700あればめちゃめちゃ凄いと思います。

800とか900あったらNASA行けるんじゃねww

 

という冗談は置いといて、もし面接内容が同点であればTOEICの点数で採用か不採用か決める会社もあるかも分かりません。

 

それは各会社の人事の方しか知り得ないと思いますが、点数が高いに越したことはないと思います。

昨今はグローバル社会と言われます。

入社してから海外出張もあると思いますので勉強して損はないと思いますよ?

 

さて英語の勉強しようか