理系院修士16卒社会人の戯れ言

月間20万PVブロガー!2016卒社会人のいろいろな戯れ言とか・・

修論奮闘記① ~卒論は参加賞~

スポンサーリンク

f:id:zero_td:20151203090332j:plain

就職活動を終えた大学生に待ちかまえているモノ

 

そう

 

卒業論文

 

この文字を見るとお腹が痛くなる。

痛くならない人は研究者になりましょう。

 

 

私の場合は修士なので

 

修士論文

 

を書かなくてはならない。

筆者は理系ですので文系とは若干違うかもしれません。

 

卒論経験のアドバンテージ

修士の場合卒業論文を経験しているので若干のアドバンテージがある。

 

もし、卒業論文の延長線上にあることを修士でも研究してきたなら背景や原理はほぼ同じこと=コピペで済んでしまう。

某おぼかt・・のように無断でコピペするのはアカンと思うので、ちゃんと引用を利用してコピペすることが必要です。

 

小保方晴子さん守護霊インタビュー それでも「STAP細胞」は存在する (OR books)

小保方晴子さん守護霊インタビュー それでも「STAP細胞」は存在する (OR books)

 

 

 

自分もほとんど延長線の事をやっているので論文の序盤は卒業論文と似たようことを書くことになり、卒業論文執筆時より楽になります。

 

そしてテンプレ(上下左右の空白の設定とか)も大体できているのでそれだけでかなりアドバンテージです。

 

卒論は参加賞、修論は努力賞

卒論は参加賞。修論は努力賞。

この言葉はよく聞くと思います。

 

そうです。

卒業論文は出せば勝ちなのです。

 

理系なのに10ページくらいの卒業論文出して卒業した人も知っています。

それってもはや、学部2年くらいの講義の実験レポートレベルやん!w

 

そして自分も

適当に図を貼りまくりページ数をかさ増し。

考察も中身のない長文を書いて、ひたすら文字数を稼ぐ。

 

そして担当教員にチェックをお願いするとあっさり、印鑑をもらえて

「卒業論文は参加賞」というのが身に染みてわかりました。

講義の単位さえ取れていれば、卒業させない教授はいないのでは。

 

あ、ちゃんと実験をしてまとめはしましたので誤解しないでくださいw

 

 

そして今回は、修論は努力賞。らしい。

 

出せば勝ちは通用しなくなるのかと思うと、僕はもう駄目そうです。

教授たちの間でも論文審査会があるそうですし。

 

出来るなら、卒業論文そのままで修士論文として出したいくらいやる気ないです。

 

こんな自分が大学院生で本当にすいません。

博士に進まなくてよかったと心底思います。

 

でも努力賞です。

努力さえすれば・・?

 

学部の卒論は忙しい

はっきり言って卒業論文っていう制度?自体明らかにおかしいです。

「4月に配属されて数ヶ月で実績出して卒業論文にしてね。」

っていくらなんでも無理がありませんかね?

 

4~5月に研究室に慣れて、6月~7月に専門分野勉強して

8~9月は夏休み満喫して

10月から12月まで本気だして実験して

1月に論文書いて2月に提出発表

 

忙しいって!

3年で就職うまく決まらなかったらその影響が4年にずれ込みます。

もう卒業論文っていらなくないですか?

学生も真面目にやらない人が大半だと思います。

時間が無駄すぎる!

 

まぁ研究室で徹夜したりしたのが今となっては良い悪いは置いといて思い出です。

 

修論は時間たっぷり

修士論文では2年あるので時間がたっぷりあります。

慣れるといった時間は必要ないですし、4月から研究に打ち込めます。

自分も学会あるので、たまーに実験とかやってました。

 

就活もありますけど、学部の卒論に比べたらゆとりが違います。

 

ということで修論ではそれなりの努力をした論文を出したいとここに誓います。

 

学部時代は

時間ない→とりあえずかさ増し

結果:論理性破綻。

 

という参加賞にお似合いな卒論ができました。

今回は

それを反省して、

とりあえずかさ増しを辞めて論理性のある修士論文を執筆したいなと思います。

 

努力します!!

 

あれ、努力が目的になってね?

 

 

今後は進捗状況とかワードとかtexのお話をします。

 

 

 

よくわかる卒論の書き方 (やわらかアカデミズム・わかるシリーズ)

よくわかる卒論の書き方 (やわらかアカデミズム・わかるシリーズ)