理系院修士16卒社会人の戯れ言

月間20万PVブロガー!2016卒社会人のいろいろな戯れ言とか・・

就活で本当に役に立った8つのサイト

スポンサーリンク

おはようございますZEROです。

 

私を含めて16卒世代の就活はスケジュールが前年に比べて大幅に変わりました。

正直、就活生も混乱したし、企業側も就活生側から見て明らかに混乱していました。

 

この混乱を解決するために「良い情報」をいかに収集するということが例年よりも重要になった年だと思います。

また、このことはスケジュールが16卒からまた変わった17卒以降の方々にも同じことが言えることでしょう。

 

その情報を得る手段は様々あります。

 

 

・数年以内に就活を経験した人からの体験談を聞く。

これは就活準備から面接、内定後や入社数年目のことまで聞けるので

そういった知り合いが身近にいるととても力強いと思います。

自分の場合は院生なので、学部卒で就職した友人からいろいろと聞いて勉強になりました。

 

他には

・同じ時期に就活をやっている人と対面で会話し情報を共有し合う。

これは同じ就活素人同士で情報の信頼性としては多少不安がありますが、

喜びや悔しさを分かち合えますし、なにより16卒のスケジュールは激動だったので

他の人が「もう面接してるわ」とか聞いてヤバイ自分もやらないと!

という気分になってとても良かったです。

 

しかし、結局就活は個人戦

みんなが大体同じようなところを目指しテストという1つの解答を導き出す高校受験・大学受験と違って

会社は数えきれないくらいの数がありますし、同じ会社でも入社までのフローチャートとかが違い、さらに自己PRも自分の話をするので答えはありません。

 

自分で調べないと始まらない。

そして調べるにしても生身の人間から聞き出す情報には限界があると思います。

 

そこで現代文明の利器・インターネットを利用しましょう。

ネットを使えば先輩や同期とのコネが少ない人でも大量の情報を収集することが出来ます。

自分もコネはほぼなかったのでネットで情報を集めまくりました。

 

そこで今回は就職活動をする時に非常に役に立った8個のサイトを紹介したいと思います。

 

リクナビ

マイナビ

 

就職活動だ!

何すれば良い?

ってなったらまずはこの2つのサイトを登録しておけば良いでしょう。

 

大手企業であれば大体この2つのサイトのどちらかには登録してあるので、就活解禁になったら受けたい企業にエントリーしましょう。

 

また、企業情報以外にも就活生向けコンテンツがあるのでオススメです。

ただし、あまり鵜呑みにしすぎないように。(没個性就活生の出来上がりです)

 

みんなの就職活動日記(みんしゅう)

このサイトは会社別に掲示板がありまして、自分はその掲示板のみを利用していました。

 

例えば、「一次面接受けてきました。聞かれた内容は〇〇です。」

みたいなことが書き込みされています。

匿名掲示板という性質上、嘘の可能性もありますが無いよりはマシです。

みんしゅうの情報を活用して面接前にシミュレーションをすると良いでしょう。

しかも何年も前の掲示板の書き込みも残っているので遡って去年の最終面接の様子なども知ることが出来ます。

 

また、入社した先輩の志望動機とかも載っているのでそれを参考にしたり。。

でもコピペの継ぎ接ぎは人事にバレますよww

あくまで志望動機などは参考に

 

 

ちなみにここまでの3サイトのマイナビリクナビ・みんしゅうは

就活生ならほぼ全員が登録しているのではないでしょうか。

とりあえずこの3つは登録して損はないと思います。

 

 

年収ラボ

やっぱ会社選びの際には給料は気になってしまうと思います。

そんな時にはこのサイト。

上場している会社ならば社員平均年収が公開されているらしく、それをデータベース化したサイトみたいです。

 

ただし、

役員のみの平均だったり、

一般職や高卒などを含んだ平均年収だったりで

大卒の総合職だけの平均という値ではありません。

特に別業界だと一般職と総合職とか現業の人数比率とか全然違うと思いますので。

 

まぁ参考程度に。。

同じ業界同士の比較なら結構役に立つと思います。

ちなみに私は就活終わった後に知人の内定先聞いた後にこのサイトで年収とか見まくってましたww

 

 こういうサイト見るとキーエンスすげええと誰でも一回はなりますよね。

 

キャリコネ

VORKERS

http://www.vorkers.com/

 

転職を考えている働いている社会人が所属する会社の内部の情報を書き込んでくれるサイトです。

転職者用のサイトですが、新卒の人でも閲覧利用することが出来ます。

 

残業や休日出勤の実態や給料・ボーナスや雰囲気なども書いているので会社選びに非常に役に立つと思います。

ほとんど、転職をしたor転職を考えているような人が書いた書き込みなのでネガティブな意見が目立ったりしますがちゃんと評価している人もいます。

 

年収高い企業をこのサイトで見たりすると、残業や休日出勤のカラクリだったりする。

 

 

SPI Study Pro

 

SPIはこのサイトで対策するだけで十分な気がします。

SPI高得点=内定ではなく、SPIは足切りだと思います。

ある程度の学歴であればSPIでやらかさない限り通ると思うので、時間を無駄にしないように最低限で。

 

あとはリクナビマイナビにある模試みたいなのも解いてみると良いと思います。

ちなみに自分はSPI以外には会社が作った独自問題しかやった覚えはありません。

 

理系の就活の場合は時事問題やSPI以外のテストは対策する必要もないと思います。

 

2ch就職版

http://wc2014.2ch.net/recruit/

 

!?

と思うかもしれませんが、役に立ったサイトのひとつです。

このURLで見るよりスマホアプリ等で見ると見やすいと思います。

 

スレの名前等は控えますが、多くの悩める就活生の2ちゃんねらーが集っています。

 

f:id:zero_td:20151210012937j:plain

 

という名言を残したことで有名なひろゆきが始めたサービスですが、情報を鵜呑みにせずに

息抜き程度に見てみると面白いです。

 

就職偏差値〇〇以下は負け組

☓☓大学でて△△という会社は 負け組

 

なんとも滑稽。

そんなのは無視して

たまに自己PRのポイントや面接の心構えで

「はぇ~」と参考になったりする書き込みを見たりします。

90%くらいはしょうもない便所の書き込みですけど、ほんのたまに役立つ事が書いてあったりします。

 

あとはグループディスカッションで変人いたんだけどwww

みたいな書き込みみるとなんかクスッと来たり。

 

 

最後に

ここに書いたサイトを見れば就活は完璧。

というわけではありません。

それ以上に企業のホームページ説明会へ行き、自分だけの志望動機を考えてください。

 

ちなみにESだったり面接の書き方みたいなサイトを書かなかったのは自分が使っていなかったからです。

そういう書き方のサイトを見てしまうと、同じようなESばっかで採用側も眠くなることまちがいなしです。

ちょろっと要点とか調べてみるのはありです。

 

理系なら

ESで日本語が少しおかしくても論理が通ってれば通過すると思います。

面接で熱意を伝えられればマナーがちょっと変でも採用してくれると思います。

大事なのは自分だけの強みを自分の言葉で考えることだと思います。

と言っても、奇抜すぎるのはアレなんで、就職課に添削してもらうなりしてもらうと良いでしょう。

 

あくまで理系の就活しかしらないので、営業職志望の面接とか凄そう(小並感)

 

 

受かる! 面接力養成シート

なぜ7割のエントリーシートは、読まずに捨てられるのか?: 人気企業の「手口」を知れば、就活の悩みは9割なくなる