理系院修士16卒社会人の戯れ言

月間20万PVブロガー!2016卒社会人のいろいろな戯れ言とか・・

修論奮闘記 完! ~全て終わった~

スポンサーリンク

f:id:zero_td:20160212212229j:plain

どうもZEROです。

 

表題にある通り、、

 

修士論文のやるべきこと全て終わりました!!!!!!

 

 

うひょおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

 

マジでまじで

無駄な2年間だった(苦笑)

 

逆に言うと

研究者に向いてないと分かったことは収穫だったかも。

 

もう研究が苦痛で苦痛で

なんのために授業料払ってるんだ?

と思うこともしばしば。

 

両親に直接は照れくさくて言えないけど、お金払ってくれたことほんとに感謝してます。

 

理系だから大学院に行くのは当然。

と考えるのは僕みたいな向上心がない人の場合はほんとに危険だと思います。

たしかに民間企業にはかなり入りやすくなるとは言え、この2年間で得たものが・・。

もちろん、僕は

  • みんなが大学院に行くという意見に流された
  • 内部進学で推薦は貰えた(勉強はある程度できるけど研究はできない)

っていう理由で大学院に逝ってしまいました。

学部卒で公務員でも受けてればよかったかなぁとさえ最近思います。

 

そんな苦痛で苦痛で仕方なかった修論

 

今回は発表編。

 

発表数日前に完成度の低い練習を見せて以来特に練習もせず。

前日もずっとパズドラしてましたw

 

当日起きて今日発表やんけ!!

 

っていう感じでした。

当日の朝にスライドを通しで眺めてここちょっと修正したほうがいいかな?

と当日に修正する荒業wwwww

 

発表はスーツ。

普段着慣れてないから袖を通すと就活を思い出してなんか少し緊張してくる。

スライドデータ入りUSBをカバンに入れ会場へ!

 

そして発表1時間前くらいに会場入り。

休憩時間に置かれているパソコンにデータを入れ、あとは自分の発表順が来るまで待機。

 

自分の一人前の人が発表する時間になった時に急に緊張感が高まって心臓が活発になってきた。

 

ンゴおおおおおおおおおおおおお

早く発表させろおおおおおおおおおお

緊張嫌いなんじゃああああああああああああああ

 

そしてついに発表の瞬間。

この発表直前が一番緊張するよね。

 

でも、発表してからは

パワポの発表者ツールのカンペ機能をチラ見したりして

アドリブで無難に発表をこなした。

 

学会とか学内中間発表での流用ばかりなので即興でもなんとか言葉は出てきた。

 

 

まぁ発表まではいいんだよ。

研究成果の発表までは。

 

みんなお待ちかね

 

質疑応答の時間だあああああああああああああああああああああ

 

たいして知識もない僕に対して

知識に自信ニキの教授たちがフルボッコにしてくる大人気コーナーだ。

 

幸い

1つめの質問は優しい質問で

該当するスライドに補足説明し、

自分の元々ない研究知識をフル開示して質問から若干それるような事も言って時間を稼いだ。

 

2つめの質問では

僕の研究を否定する感じの質問でキツかったw

たしかに実質何の研究成果もないので、その教授は正しいです。

もう苦し紛れで、自分でも何言ってるのかわからなくなりましたけど

 

解答の最後に

伝家の宝刀

「今後の課題として残っていると思うので今後の研究に期待できると思います。

ご指摘ありがとうございました。」

を使った。

 

すると、教授は何も言えなくなるww

 

 

そして、時間も使い切り。。。

司会の人が

 

ではZEROくんの発表は終わりです。ありがとうございました。

 

 

うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

 

 

開放感で速攻で教室を出た。

 

2年間の呪いからやっと解放された!!

 

 

と共に

大学と大学院生活で

18歳から24歳になってしまったというなんとも言えない絶望感に襲われた。

大学生活あっけなかったな。

 

あの時から成長したかな・僕・・?

ってかちょっと前までキラキラ輝いた目をしながら入学したのが

10代で、もうアラサーに近づこうとしているのか・・。

 

なんか人生ってもしかしてとてつもなく短くね?

いやほんと修士2年間は無駄にした感が。。

何度も繰り返してすいませんw

 

ですがどんなに後悔しても

10代のあの頃に帰ることはもうできないので

これからを生きるのみです。

 

戻れたとしてもたぶん修士行ってる気がするけどw

 

人生最後の夏休みの本当に最後の最後を悔いのないように過ごします。

 

最後に

修論の応援ありがとうございました。

 

温かいコメントもらえるとは思っていなかったのでかなり心の支えになりました。

感謝してます。